御景雑記

雑多に色々書いているだけのブログ。

無気力と無感情と面倒からの脱却を考える

2018年も折り返しを迎えたこの期に及んで、このブログをまた更新する。

 

毎度毎度の事だが、このブログを久方振りに更新しようと思えば思う程書き出しに悩むし、その時々によって文体が本当に安定していない。今年はもう少し積極的に使いたいと思いつつも毎年1〜2回程度の更新でまた放り投げているものだからなんとも、である。

 

それはさておき、今回もまた御託を書き連ねながら更新していきたいと思う。またかと思う読者諸氏(そもそも読者がいるのか、という点については目を瞑るとする)もいるだろうが、またかと思いながら付き合って頂ければ幸いである。

 

 

そもそもこのブログを更新しなかったのは単純に「面倒臭かった」という一言で片付いてしまうのだが、敢えてもっともらしい理由を述べるならば昨年度から(恐らく)今年度のル・マン24時間の頃まではTwitterに投稿する頻度が高かった為、「ブログに起こす前にTwitterに投稿してしまい、本来言いたかったことを言わずに燃焼させてしまう」という状態が続いていたからだろう。

それ自体はさして問題のないことだ。

しかし、本当にそれだけなのだろうか。もう少し自分に問いかけてみる。

 

 

「踊る阿呆に見る阿呆」という言葉がある。元々この言葉は阿波踊りの歌い出しなんだそうだが、それが転じて『どっちもどっち』という意味も持ち合わせている。阿波踊りの方はそれに「同じ阿呆なら踊らにゃ損々」と続く。

Twitterに限らず、インターネット上には些細なことから始まる論争が日常茶飯事である。昔の自分はそこに多少なりとも自分の見解を真面目に発言するか、またはその論争に対する的外れな意見を面白可笑しく茶化した発言を投げ込んでいた。

しかし今の自分は「単純に面倒臭い」を通り越して「どうでもいい」と思うようになり、それを自分の中の感情で消化することによってTwitterでの発言を不要にしてしまった。

 

 そのような思考を選んだのは、自分という存在が単純に生存する為には何ら問題はない。

寧ろ不毛な論争が起こることが当たり前ななインターネット社会に一々目くじらを立てるぐらいなら、そうした方が正しいとまで思う。

「好きの反対は無関心」と私は考えており、次第に私の思考の内には、無関心の割合がそれこそ無意識下に増えていた。

無関心という言葉は関心が無いと書く。=それは心がないとも読み取れる。─これ自体は私個人の拙い考えだが。 

しかし、それは本当に人間の持つべき思考なのだろうか?あまりにも機械的過ぎやしないか?そんなことを少しは思った。

そもそも当事者にとっては(質はさておき)大きな問題であるものを、ちっぽけな一個人風情が全てを「些細な問題」と一蹴すること自体から思考回路の異常な飛躍を引き起こしているのではないだろうか。

 

しかし私は、このような思考を選ぶということはある一点では大変に優れていると思う。心というものを感情と解釈するならば(これは知人にも言われたことなのだが)、中立的な視点で物事を静観するには最も適した思考である。例えば論文や報道記事、報告書といった文章を書くにはとても有効な考え方だといえる。誰にも肩入れせず、確実な客観視ができる。

 

とはいえ日常生活に於いてもその思考を継続するというのは、如何なものなのか。

そこで改めて自分を見つめ直せば、ある一点では物事を比較的俯瞰的に静観できているというところは確かにある。

しかしその実態は「ただただ面倒事に巻き込まれたくない」という一心で、もっともらしい御託を述べて逃げ回っているようにも見えた(実際問題、今が正にそうなのだが)。

 

このような状態から、どのように関心や感情を取り戻せばいいのかを考えてみる。

 

結論から言ってしまえば「好きの反対は無関心でもあるが、嫌いでもある」という思考を受け入れ、私自身も人間なのだから思ったことを剥き出しにして言ってもよい、という考え方に変えていくことが一つの道なのではないだろうか。

もちろんすぐに実行できるものかと言われればそうではないが、少しずつでも内々にしまいこんでいた感情や思い。それのほんの一部でもいいから外部にさらけ出すという手法で新たな刺激を得るということが重要であるということ。そして「不快」を感じることは人間を人間たらしめる必要な感覚であるということを改めて自分に再認識させる。

その「不快」をどのように消化していくのか。それが自分の選択にかかっていく。皮肉めいたユーモアを交えていくというのがネットには適しているのかなとも思いつつ、一先ず自分の中での結論が出たのでここで筆を置くことにする。

 

長々と書いてきたが、簡単に言えば「感情を嫌悪すれば、それは最早人ではなくなる」ということを身を以て体感したということである。

人間、時には痛み苦しみがなくてはならないのだ。

「アウトレイジ 最終章」感想

観賞日:2017年10月14日


f:id:Mikage_932:20171015083742j:image

久方振りの映画感想記事、今回は北野武監督の最新作「アウトレイジ 最終章」です。

実は劇場で北野武監督の映画を見るのはこれが初めてで、2年前に公開された前作「龍三と七人の子分たち」については気にはしていたのですが機会を逃して見れなかったというオチがあります(しかもこの作品が北野武監督だと知ったのはアウトレイジ最終章の情報が解禁されてからの話とか言えない)。

 

そんな中、Twitterで大暴れする公式アカウント様になんと私のアカウントがフォローされてしまうという「事件」が発生し、これは意地でも劇場に足を運び挨拶に行かねばならないと思い立ち、見に行った次第でございます。これを怠ったら指詰めですから…(この辺りは誇張あり)

 

さて、前置きが長くなりましたが肝心の内容については例によってネタバレを抑えながら。

 

実のところ過去2作の「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」が公開された当時は年齢制限に満たなかったというのと、まだ穢れも闇もしらない無垢な学生だったので興味が無くリアルタイムでの鑑賞をしておらず、今回の最終章公開に伴って多少の予習はしたのですがまだ全てをしっかり見ているわけではありません。予習の中でいつもTwitterの方でお世話になっているリク氏(HRC&nismo系ハードボイルド・リク (@HARDBOILED_RIKU) | Twitter)に「今おすすめの北野映画は?」と聞いてみたのですが、その際にその過去2作と「ソナチネ」を薦められました。

 

何故20年以上も前に公開された作品である「ソナチネ」の名前が出てくるの?と思う方もいるかもしれませんが、実はこの「アウトレイジ 最終章」の作中に漂う空気が、次第にこの「ソナチネ」に流れている「渇いた空気」に近づいていくのです。しかし「ソナチネ」にあった「いつかこの沖縄の空の下で、あの何も言わない老け顔のヒットマンの放った弾か流れ弾に当って自分まで死ぬんじゃないか」というまで狂気的なものではなく、「ただ淡々と、目の前で起こっている出来事をカメラの中に収め続けていないと、自分が壊れそうになる」という感覚です。「アウトレイジ」といえば過去2作は惨たらしいまでのバイオレンス描写、「バカヤロー」「コノヤロー」に代表される舌戦という印象が持たれている中で、この作品ではそれらの描写は鳴りを潜めたかに思わせて、突然バッと顔を出す。時折、あの「キタノブルー」を思わせるシーンも点在する。つまりは「そういうこと」なのです。

 

この雑感を簡潔にまとめますと、この作品の醍醐味は英語タイトルの「OUTRAGE CODA」が意味する通り、「終わりに向かって淡々と進んでいく」ことにあると感じています。かつての北野映画にあった芸術性と、現代の北野映画が持つエンターテイメント性が合体した一つの完成形をここに示していると私は見ました。強いて言うならば、この作品は花菱会若頭補佐である中田を演じた塩見三省さんがパンフレットに寄せたコメントである「男のレクイエム」という言葉が一番相応しい言葉だと思いました。

メーカー修理受付も終わってしまったのでPS2(SCPH-39000RC)を分解してみる

どうもMikageです。最近はようやく気候も涼しくなってきて、束の間の秋の訪れを感じさせてきました。そんな中、私は就活を控えつつも色々あって今週末までは遊休状態になっていました。そこで今回は未だ諸事情あって主戦力として活躍し続けざるを得ない状態にあるPS2を一旦分解し、ざっとではありますが埃を落としてみました。

 

注意:いくらメーカー修理受付が終わったとはいえ、あくまでも分解は自己責任でお願いします。

f:id:Mikage_932:20171005115019j:plain

我が家のPS2。2~3年ほど前に地元のワットマンテックにて7980円(税込)で購入。普通に過不足無く動きますが、若干1P側メモリーカード端子がグズります(要するにちょっと読み込みが悪い)。

ちなみに下にある青いソレはなんだと思う人もいるかもしれませんが、これはPS2販売初期に実際に売り出されていた「横置きスタンド」というものです。そのまま直に横置きすればいいのではとも思いますが、縦置きスタンドと同じ雰囲気が横置きでも味わえるのでこれはこれで気に入っています。(((

f:id:Mikage_932:20171005115749j:plain

諸々外して作業台に持ち込みます。ディスクは必ず事前に抜いて、電源も切りましょう。そして自分の静電気除去もお忘れなく。

f:id:Mikage_932:20171005115759j:plain

PS2本体をどかした横置きスタンドはこんな感じ。英語名は「HORIZONTAL STAND」で、型式番号は「SCPH-10110」。ちなみに縦置きスタンドは「VERTICAL STAND」といい、型式番号は初期モデルが「SCPH-10040」で、外付けHDD対応モデルが「SCPH-10220」だそうです。

f:id:Mikage_932:20171005120727j:plain

そしてPS2本体は裏返します。実は横置きスタンドの突起はこのPS2底部のネジ穴を隠す四隅のゴムを外して差し込むためのものだそうで、私はこの記事を書くまで気づかずにいました()

f:id:Mikage_932:20171005120938j:plain

若干ピンボケですが我が家のPS2の型式は「SCPH-39000 RC」。Wikiによると「PlayStation2 ラチェット&クランク アクション パック」として2002年12月3日に発売された機種で、名前の通り「ラチェット&クランク」同梱版として販売されたものなんだそうです。本体そのものとしては2002年11月21日発売の「SCPH-39000」で、SCPH-30000系のPS2としては最後のモデルになります。こちらの当時定価はオープン価格扱いでしたが、ソニー直販価格では24800円とのこと(上のラチェット&クランク同梱版は定価26800円と決まっていました)。

 

話が若干脱線してしまったので分解に戻ります。分解に必要な道具は「大小サイズの違うプラスドライバー」と「マイナスドライバー」です。

f:id:Mikage_932:20171005122308j:plain

まず底部のネジ穴隠しに埋め込まれている四角いゴム、プラスチックをこんな感じで引き抜きます。手でも抜けると思いますが、こうやってマイナスドライバーで引っこ抜いた方が確実かと。

f:id:Mikage_932:20171005122632j:plain

全部引き抜くとこんな感じ。そのままプラスドライバー(大)でこの8本のネジを外します。

f:id:Mikage_932:20171005122812j:plain

精密ドライバーではまず回りませんので注意。

f:id:Mikage_932:20171005122921j:plain

ネジを全て外しました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが目隠しとネジを対象させています。USB端子側に近い4本は長いネジ、電源スイッチ側に近い4本は短いネジになっています。目隠しの順番はUSB端子側から「プラ」「ゴム」「プラ」「ゴム」です…。わかりにくい。

f:id:Mikage_932:20171005123314j:plain

そうしたらディスクトレイとコントローラ端子の干渉に注意しながら上のケースを持ち上げて外す…のですが、こういうシールで封印されてしまっています。要するに「分解改造禁止」というお触れなわけですが(剥がしたら「開封済」という文字の跡が残ってしまう)、もう3年も前にメーカー修理受付が終わってしまっているので気にせず外しましょう()

f:id:Mikage_932:20171005123617j:plain

というわけで発売から正味15年間PS2を封印し続けたシールとはオサラバです。…思ったほど「開封済」の文字が見えなかったんですけど。

f:id:Mikage_932:20171005123750j:plain

というわけでようやくの御開帳なのですが、先にも書きましたが「コントローラ端子」と「ディスクトレイ」の干渉に注意しつつ「慎重に」開けて下さい。何故かと言うと電源スイッチとディスクイジェクトスイッチがこのようにフレキシブル基板で繋がっており、勢いよく開けると千切れてお陀仏になってしまう危険があります。その上ホクナリンテープみたいなシールで固定されているので、これも慎重に剥がして下さい。15年も経過していれば流石に粘着力も落ちているとは思いますが。奥に見える黒いプラ板は背後の「EXPANSION BAY」カバーです。

f:id:Mikage_932:20171005124125j:plain

無事に御開帳できたならば、まずはこのスイッチを上のカバーから外します。見えづらい写真で申し訳ないのですが、奥の方から引き抜けば外れます。これで多少は分解が楽になりますがそれでも千切れる危険性はありますので、注意して作業して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005124449j:plain

外すとこうなります。

f:id:Mikage_932:20171005124754j:plain

コントローラ端子側はこんな感じ。分解の参考にしたブログ記事のSCPH-30000と比較するとヒートシンク部分が違うものになっていました。恐らく必要最低限の部分にフィンを設置したのではないかと思います。…つまり、この下にPS2の核とも言えるEE、GSがいます、多分。

f:id:Mikage_932:20171005125254j:plain

また話が脱線したので大人しく分解に戻ります。また妙にブレた写真ですねこれ…コントローラ端子の左右のネジをこれもプラスドライバー(大)で外します。

f:id:Mikage_932:20171005125558j:plain

続いてファンカバー側のネジ、対角線上の2本も外します。

f:id:Mikage_932:20171005125859j:plain

そしてディスクドライブの蓋の黒いネジ4本、これだけはプラスドライバー(小)で外します。全部外した時に簡単に外れないと思いますが、これはただ磁石で繋がっているだけなのでヒョイッと外しちゃって下さい。

f:id:Mikage_932:20171005130135j:plain

一通り分解するとこんな感じ。ここまでいけば下のカバーも取れますが、コントローラ端子もフレキシブル基板で繋がっていますので慎重に外して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005130320j:plain

外すとこうなります。ネジが結構バラバラ転がってますけど失くしてはいません。「いやおっかねえよ」というような方はその都度まとめて下さい。(汗)

f:id:Mikage_932:20171005130747j:plain

続いてこの電源基板のネジを外します。これはまたプラスドライバー(大)です。この基板はコネクターでメイン基板と繋がっているので、まっすぐに引っこ抜きましょう。

f:id:Mikage_932:20171005131025j:plain

取り外すとこうなります。電源基板とAC入力を繋ぐコネクターも外しておくのがベター。こっちはそこまで神経質にならなくても簡単に外せます。

f:id:Mikage_932:20171005131343j:plain

ついでにHDDホルダーも手掴みで外せます。

f:id:Mikage_932:20171005131531j:plain

それと下敷きみたいな半透明のプラ板も引き抜きます。この辺は手掴みでOK。

f:id:Mikage_932:20171005131653j:plain

そして本来ならファンのコネクターを取り外すわけなのですが、ご覧の通り物凄く細い配線なのでこれも千切りそうなフラグがあります…ですが清掃するにはこのシールを剥がさないと何かと取り回しが悪いので外して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005131951j:plain

それを外したらファンカバーがもげるのでなんとかしてください()…というのは無責任なので配線を切らないよう慎重に扱って下さい。できることならファンのコネクターは抜ける方が絶対扱いやすいと思います。

 

メイン基板までアクセスするにはもう少し分解する必要があるのですが、一応裏側まで分解するとなるとここまでになるかと。後は適宜埃を払って、また組み戻します。その際、ファン周りの組み付けが結構面倒臭かったので、先にファンをファンカバーにセットしてからネジを入れてやるとやりやすいと思います。後は部品の干渉にと電源スイッチのフレキに気をつけながらカバーをセットし、ネジを留めてやれば完成です。

f:id:Mikage_932:20171005132630j:plain

 

横置きスタンドを本来の取り付け方法(ゴム足を外して組み込む)にした結果、結構スマートにも感じられる我がPS2。正直今回は清掃機材が足りなかったので中途半端な清掃しかできなかったのですが、分解の勝手はわかったので今後ガッツリ清掃してやりたいと思います。ついでに問題のメモリーカード端子も直してやりたいですね。

 

…あ、昼飯食ってなかった。

紅い怪物 -TOYOTA TS020 'GT-one'-

テスト勉強の息抜きがてら、ちょっと自分の好きなレーシングカーについて調べてみることに。

 


f:id:Mikage_932:20160701231749j:image

今回取り上げるのは「TOYOTA TS020 GT-one」(以下当記事ではTS020と表記する)。敢えてここで書くまでも無いとは思いますが、TS020は1998年と1999年のル・マン24時間レース、及びル・マン富士1000kmに参戦し、99年のル・マンでは3号車の片山右京/鈴木利男/土屋圭市組がBMW V12 LMRとの激戦の末に総合2位を獲得したマシンです。ちなみにこの記録はル・マンで「日本人組」が記録した最上位記録でもあり、現在も破られておりません。

 

さて、そんなTS020でありますが、果たして何台が生産され、何台が現存しているのだろうか。先日Twitterで私のフォロワーさんがとあるマシンの行方について考察されていたのに触発され、思い切って調べてみることにしました。

 

続きを読む