御景雑記

雑多に色々書いているだけのブログ。

見た目だけで見る2017年のF1

今年もF1プレシーズンテストの時期になりましたね、去年のラップタイムから「5秒速くなる」と言われる2017年のF1。そんな今年の10チームの車両を「見た目」だけで見ていきたいと思います。

 

※順番は昨年のコンストラクターズランキング順、エアロのこととかは全くわからない素人の感想なので真に受けないように。

 

1:Mercedes AMG F1 W08 EQ Power+


f:id:Mikage_932:20170227193924j:image

昨年のチャンピオンチーム、メルセデスは名前がHybridからEQ Power+に代わりマシンそのものも流石の出来。カラーリングも昨年までの単なるシルバーアローに青緑のグラデーションから、力強さを感じさせる流れが加わったスタイリッシュな姿になって好印象。しかし色が色なせいか、なんとなく雰囲気が初音ミクっぽくも見えるのは私だけなのか…

 

2:Red Bull RB13


f:id:Mikage_932:20170227194625j:image

エイドリアン・ニューウェイのF1復帰作はノーズ先端の突起に謎の穴が開けられたRB13。燃料及び潤滑油のスポンサーがトタルからエクソンモービルに変わり、赤の差し色が減ってしまったのが寂しい。とはいえダイナミックなボディの絞り込みやシャークフィンなど、空力の鬼才の腕は存分に発揮されているようだ。(それでもやっぱりトタルの赤がよかった…)

 

3:Ferrari SF70-H


f:id:Mikage_932:20170227195454j:image

昨年未勝利に終わったフェラーリは昨年までの命名規則をまたもや微妙に変えて新マシンを発表。ノーズ先端の雰囲気は昨年のSF16-Hとあまり変わらないが、サイドポッド周辺の空力パーツが物々しい印象を醸し出す。ウイング翼端版とシャークフィンは白くなり、シャークフィンには312Tへのオマージュかイタリア国旗のストライプ(でもこれ、F93Aのローンチ時にもストライプ入ってたんですよね…)。ジンクス的には少々不安が残る見た目だ。

 

4:Force India VJM10


f:id:Mikage_932:20170227200220j:image

意外と侮れない中堅チームという印象を見せつけた昨年のフォースインディア。その新車はカラーリングはよいものの若干不格好な印象。シャークフィンがメリハリのない単色だったり、ノーズとモノコックの間に段差があったりとしている。ノーズ先端はフォースインディア独自のクロコダイルノーズの発展型か。走ればカッコよく見えるかも?

 

5:Williams FW40


f:id:Mikage_932:20170227200741j:image

「昨年のマシンと比べて何処が変わったんだ…?」という感じすらあるのが今年のウィリアムズ。F1参戦40周年を記念したネーミングの割にはいつものマルティ二カラーという少々残念な気分になってしまった。歴代の歴史的なマシンと並んだ写真が公開されていたがどうしても首を傾げてしまうのは懐古厨なせいなのかもしれない(正直、名称番号をスキップせずにFW39でよかったのではとか言ってしまいそうだけど)。

 

6:McLaren Honda MCL32


f:id:Mikage_932:20170227201235j:image

マシンの名前といい名称といいカラーリングといいとにかく脱ロン・デニスを積極的にアピールしたい感が強い今年のマクラーレン。オレンジと黒は曰く過去と現在のミックスらしいが、それよりもスポンサーが少なすぎて中小チームかと思ってしまう …エクソンモービルレッドブルに取られ、代わりにちょこんとカストロールの文字が。 あまり将来は明るくない気もしなくは無い。

 

7:Toro Rosso STR12


f:id:Mikage_932:20170227201652j:image

まさかの本家超えレベルのかっこよさを見せてくれたのはトロロッソRed BullのBlue Editionのようなカラーリングに翼端版にはRed Bull COLAのロゴとシンプルな見た目。今までのアーティスティックな赤牛のグラフィックを纏ったトロロッソも捨てがたいが、これはこれでとても「推せる」カラーリングだ。

 

8.Haas VF-17


f:id:Mikage_932:20170227202406j:image

昨年参戦した新興チーム、ハース。こちらもシンプルなカラーリングで好印象だが、こちらは昨年とは打って変わってノーズの突起が新たに追加されている。個人的にはシャークフィンのカラーリングがスタイリッシュでお気に入り。ベースのグレーも昨年より暗くなり、これもまた好印象。

 

9:Renault R.S.17


f:id:Mikage_932:20170227202728j:image

ワークスチーム復帰2年目のルノーは後ろ半分が黒という少し意外なカラーリング。こちらもトタルからカストロールへとスポンサーを切り替えたチームである。黄色と青のほうがよかったのではというネットの意見もあったが、あれはマイルドセブンだったからなぁ…(汗)

 

10:Sauber C36


f:id:Mikage_932:20170227203052j:image

財政難を切り抜けたザウバーの新車は1番乗りでやってきたC36。昨年までの青と黄色のカラーリングからF1参戦25年を記念した青と金のカラーリングになり、上品な印象すら漂わせる一台に。その割には相変わらずスポンサーが少なく、華やかな見た目が虚しくも見えてくる。スポットでもいいからどこか付かないものか。

 

 

 

と、こんな感じで今年のF1の新車を見てみました。プレシーズンテストも始まりましたし、私としては開幕が待ちきれません。個人的には今年のF1マシンの見た目は好きな方です。ノーズの突起は……見てみぬふりですが(汗)