御景雑記

雑多に色々書いているだけのブログ。

メーカー修理受付も終わってしまったのでPS2(SCPH-39000RC)を分解してみる

どうもMikageです。最近はようやく気候も涼しくなってきて、束の間の秋の訪れを感じさせてきました。そんな中、私は就活を控えつつも色々あって今週末までは遊休状態になっていました。そこで今回は未だ諸事情あって主戦力として活躍し続けざるを得ない状態にあるPS2を一旦分解し、ざっとではありますが埃を落としてみました。

 

注意:いくらメーカー修理受付が終わったとはいえ、あくまでも分解は自己責任でお願いします。

f:id:Mikage_932:20171005115019j:plain

我が家のPS2。2~3年ほど前に地元のワットマンテックにて7980円(税込)で購入。普通に過不足無く動きますが、若干1P側メモリーカード端子がグズります(要するにちょっと読み込みが悪い)。

ちなみに下にある青いソレはなんだと思う人もいるかもしれませんが、これはPS2販売初期に実際に売り出されていた「横置きスタンド」というものです。そのまま直に横置きすればいいのではとも思いますが、縦置きスタンドと同じ雰囲気が横置きでも味わえるのでこれはこれで気に入っています。(((

f:id:Mikage_932:20171005115749j:plain

諸々外して作業台に持ち込みます。ディスクは必ず事前に抜いて、電源も切りましょう。そして自分の静電気除去もお忘れなく。

f:id:Mikage_932:20171005115759j:plain

PS2本体をどかした横置きスタンドはこんな感じ。英語名は「HORIZONTAL STAND」で、型式番号は「SCPH-10110」。ちなみに縦置きスタンドは「VERTICAL STAND」といい、型式番号は初期モデルが「SCPH-10040」で、外付けHDD対応モデルが「SCPH-10220」だそうです。

f:id:Mikage_932:20171005120727j:plain

そしてPS2本体は裏返します。実は横置きスタンドの突起はこのPS2底部のネジ穴を隠す四隅のゴムを外して差し込むためのものだそうで、私はこの記事を書くまで気づかずにいました()

f:id:Mikage_932:20171005120938j:plain

若干ピンボケですが我が家のPS2の型式は「SCPH-39000 RC」。Wikiによると「PlayStation2 ラチェット&クランク アクション パック」として2002年12月3日に発売された機種で、名前の通り「ラチェット&クランク」同梱版として販売されたものなんだそうです。本体そのものとしては2002年11月21日発売の「SCPH-39000」で、SCPH-30000系のPS2としては最後のモデルになります。こちらの当時定価はオープン価格扱いでしたが、ソニー直販価格では24800円とのこと(上のラチェット&クランク同梱版は定価26800円と決まっていました)。

 

話が若干脱線してしまったので分解に戻ります。分解に必要な道具は「大小サイズの違うプラスドライバー」と「マイナスドライバー」です。

f:id:Mikage_932:20171005122308j:plain

まず底部のネジ穴隠しに埋め込まれている四角いゴム、プラスチックをこんな感じで引き抜きます。手でも抜けると思いますが、こうやってマイナスドライバーで引っこ抜いた方が確実かと。

f:id:Mikage_932:20171005122632j:plain

全部引き抜くとこんな感じ。そのままプラスドライバー(大)でこの8本のネジを外します。

f:id:Mikage_932:20171005122812j:plain

精密ドライバーではまず回りませんので注意。

f:id:Mikage_932:20171005122921j:plain

ネジを全て外しました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが目隠しとネジを対象させています。USB端子側に近い4本は長いネジ、電源スイッチ側に近い4本は短いネジになっています。目隠しの順番はUSB端子側から「プラ」「ゴム」「プラ」「ゴム」です…。わかりにくい。

f:id:Mikage_932:20171005123314j:plain

そうしたらディスクトレイとコントローラ端子の干渉に注意しながら上のケースを持ち上げて外す…のですが、こういうシールで封印されてしまっています。要するに「分解改造禁止」というお触れなわけですが(剥がしたら「開封済」という文字の跡が残ってしまう)、もう3年も前にメーカー修理受付が終わってしまっているので気にせず外しましょう()

f:id:Mikage_932:20171005123617j:plain

というわけで発売から正味15年間PS2を封印し続けたシールとはオサラバです。…思ったほど「開封済」の文字が見えなかったんですけど。

f:id:Mikage_932:20171005123750j:plain

というわけでようやくの御開帳なのですが、先にも書きましたが「コントローラ端子」と「ディスクトレイ」の干渉に注意しつつ「慎重に」開けて下さい。何故かと言うと電源スイッチとディスクイジェクトスイッチがこのようにフレキシブル基板で繋がっており、勢いよく開けると千切れてお陀仏になってしまう危険があります。その上ホクナリンテープみたいなシールで固定されているので、これも慎重に剥がして下さい。15年も経過していれば流石に粘着力も落ちているとは思いますが。奥に見える黒いプラ板は背後の「EXPANSION BAY」カバーです。

f:id:Mikage_932:20171005124125j:plain

無事に御開帳できたならば、まずはこのスイッチを上のカバーから外します。見えづらい写真で申し訳ないのですが、奥の方から引き抜けば外れます。これで多少は分解が楽になりますがそれでも千切れる危険性はありますので、注意して作業して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005124449j:plain

外すとこうなります。

f:id:Mikage_932:20171005124754j:plain

コントローラ端子側はこんな感じ。分解の参考にしたブログ記事のSCPH-30000と比較するとヒートシンク部分が違うものになっていました。恐らく必要最低限の部分にフィンを設置したのではないかと思います。…つまり、この下にPS2の核とも言えるEE、GSがいます、多分。

f:id:Mikage_932:20171005125254j:plain

また話が脱線したので大人しく分解に戻ります。また妙にブレた写真ですねこれ…コントローラ端子の左右のネジをこれもプラスドライバー(大)で外します。

f:id:Mikage_932:20171005125558j:plain

続いてファンカバー側のネジ、対角線上の2本も外します。

f:id:Mikage_932:20171005125859j:plain

そしてディスクドライブの蓋の黒いネジ4本、これだけはプラスドライバー(小)で外します。全部外した時に簡単に外れないと思いますが、これはただ磁石で繋がっているだけなのでヒョイッと外しちゃって下さい。

f:id:Mikage_932:20171005130135j:plain

一通り分解するとこんな感じ。ここまでいけば下のカバーも取れますが、コントローラ端子もフレキシブル基板で繋がっていますので慎重に外して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005130320j:plain

外すとこうなります。ネジが結構バラバラ転がってますけど失くしてはいません。「いやおっかねえよ」というような方はその都度まとめて下さい。(汗)

f:id:Mikage_932:20171005130747j:plain

続いてこの電源基板のネジを外します。これはまたプラスドライバー(大)です。この基板はコネクターでメイン基板と繋がっているので、まっすぐに引っこ抜きましょう。

f:id:Mikage_932:20171005131025j:plain

取り外すとこうなります。電源基板とAC入力を繋ぐコネクターも外しておくのがベター。こっちはそこまで神経質にならなくても簡単に外せます。

f:id:Mikage_932:20171005131343j:plain

ついでにHDDホルダーも手掴みで外せます。

f:id:Mikage_932:20171005131531j:plain

それと下敷きみたいな半透明のプラ板も引き抜きます。この辺は手掴みでOK。

f:id:Mikage_932:20171005131653j:plain

そして本来ならファンのコネクターを取り外すわけなのですが、ご覧の通り物凄く細い配線なのでこれも千切りそうなフラグがあります…ですが清掃するにはこのシールを剥がさないと何かと取り回しが悪いので外して下さい。

f:id:Mikage_932:20171005131951j:plain

それを外したらファンカバーがもげるのでなんとかしてください()…というのは無責任なので配線を切らないよう慎重に扱って下さい。できることならファンのコネクターは抜ける方が絶対扱いやすいと思います。

 

メイン基板までアクセスするにはもう少し分解する必要があるのですが、一応裏側まで分解するとなるとここまでになるかと。後は適宜埃を払って、また組み戻します。その際、ファン周りの組み付けが結構面倒臭かったので、先にファンをファンカバーにセットしてからネジを入れてやるとやりやすいと思います。後は部品の干渉にと電源スイッチのフレキに気をつけながらカバーをセットし、ネジを留めてやれば完成です。

f:id:Mikage_932:20171005132630j:plain

 

横置きスタンドを本来の取り付け方法(ゴム足を外して組み込む)にした結果、結構スマートにも感じられる我がPS2。正直今回は清掃機材が足りなかったので中途半端な清掃しかできなかったのですが、分解の勝手はわかったので今後ガッツリ清掃してやりたいと思います。ついでに問題のメモリーカード端子も直してやりたいですね。

 

…あ、昼飯食ってなかった。