御景雑記

雑多に色々書いているだけのブログ。

某バンドをカンフーだとか言ったせいでJKコスプレイヤーの義妹ができてしまった同人小説のレビューをする羽目になった話

【※ご挨拶】新年が始まって半月が経ちましたがはてなブログの方でもあけましておめでとうございます。あくまでも長文記載用の備忘録として運用するので更新頻度は相変わらずかと思いますが、本年も宜しくお願い致します。

 

というわけで令和2年となりました2020年最初の更新は、私のふとした発言によって発生してしまった事件の"禊"として掲載することとなった記事です。


f:id:Mikage_932:20200115222849j:image

 

事の発端は昨年12月、私がふと某バンド*1のことをこう呟いてしまったことから始まりました。

御託はこの際言いません。こんな発言をしたばかりにフォロワーであるじあぜん氏*2から割と本気寄りで怒られてしまったのです。King Gnuのファンにはこの場を借りて深くお詫び申し上げます。

 

その後、自分は生涯縁が無いであろうと思っていたコミケ2日目、急遽ビックサイト付近まで出かける用事があったので行ったところ、たまたまじあぜん氏とお会いすることができることになりました。そこで上記の「カンフー発言事件」の"禊"としてじあぜん氏から告げられたのが「この本を買ってそのレビューを書きなさい(ニッコリ)。」というものでした。*3

 

そういう指名を受けて今回購入したのはこちら↓の笹松しいたけ先生の書かれた本。人生初の同人18禁小説になってしまいました…。

sasamatsu.booth.pm

流石に年末年始はバタバタしていたのですぐにとはいかず、初7日過ぎたぐらいで購入した…のですが。なんとちょっとした事情*4でこちら↓の新刊までついてきてしまったのです。しかもどちらにも手書きのメッセージが一筆添えられているという*5…。頭が下がります、本当に。

sasamatsu.booth.pm

そうした経緯もあって遂に「作者様にまでも包囲されてしまったぞ」と勝手に感じてしまい、そして腹を括って「さぁ読もうか…」と思ってページを捲ったら。

 栞は2つともリバーシブル仕様でして、どちらも素敵なデザインでしたがサークル名である「新スクの淵から」で少しだけくすって来てしまいました、ゴメンナサイ。

 

ここまでが今回のお話の前置き。本題はここからです。

 

 

ざっくり言うとこのお話、「夏コミで偶然見た人気コスプレイヤー(しかも現役の女子高生)がなんと父親の再婚によって義妹になってしまった」というところから始まるという、傍から(というか自分から?)見たら超常現象もいいとこなぶっ飛んだ話…なのですが、正直なところサクサク読めてしまうぐらい軽快なのに、程よく生々しさ、いや「生を感じさせる」文体にまんまと乗せられてしまい、感受性が無駄に豊富な自分はいつしか義妹──アキノちゃんの幻覚を見るのではないかと思うぐらいにのめってしまいました。

読み終わった後に思わず挙動不審になってしまいまして、読後数時間経った今でも、少しだけ背筋がゾクゾクしております。

 

もう少し掘り下げていくと、「コスプレ物の同人誌で抜くぐらいならコスした私と…」みたいなエロ漫画みたいな話…を実行に移してしまう彼女の心理は多分片親が離婚して再婚して、そしてこういう運命の悪戯が折り重なった状態になってしまって…という様々な要素が見事に噛み合ってしまったが故に起こったものではないかな、と推察します*6

 

いやでも、趣味も似通っているしなんだかんだで受け入れてくれるし、少し押せば大体こっちの思い通りになってくれそうな義理の兄…うん、自分が彼女だったら多分押していると思います。私だってやっぱり人間です。人並みに欲はありますから…。ここまでヤリ盛りだとちょっと目眩がしてしまいそうですが。

 

ただ、こうしたちょっとした"非日常"が徐々に"日常に変遷していく"。そんな爛れた生活には少しばかり羨ましさも感じてしまいました。レイヤーとして注目を集めるアキ/アキノちゃんと、一度その姿をカメラに収めた後にSNSをフォローしただけで、本来ならば「遠い存在のまま」となるはずだった一オタクのマモル氏。そんな2人の距離が一気にゼロになってしまう。"事実は小説よりも奇なり"という単語を小説のレビューに持ち込むのもおかしな気がしますが、彼らにとっての現実は正しくその言葉通りなのですから。1つボタンをかけ違えてしまえば大事故にもなりそうな話ですが、次第に2人は受け入れ、それを楽しんでしまっている…形はともあれ仲睦まじさすらも感じました。

 

最後になりますが、このとても素敵な小説をこの世に送り出して下さった笹松しいたけ先生、そしてなによりも、私のこのような失言をこうした盛大なネタに変えて下さったじあぜん氏に感謝してこの文章を〆たいと思います。ここ数ヶ月本当に文章が満足に書けない状態が続いていたのに、この本のおかげで一気に書き始めてしまいました。最初にこの話を頂いた時には「これしばらくかかるだろうかな…」なんて思っていたのですが。もしも自分がマモル氏の同級生だったらちょっと突っつきたいぐらいです。そんなことを思えるぐらいには回復しました。本当にありがとうございました!!!!

 

そして、まんまと自分はこんな義妹が欲しいなんて思ってしまいました。ちょろいものですね。

 

 

 

*1:King Gnuのこと。

*2:このツイートにリプライしている御方。普段は野球や車の話がメインでちな鷹。自分が少しだけやきうを見ようと思ったのは大体この人のせい。

*3:当時の自分の取り乱しっぷりは寧ろ他の人にも見て欲しいレベルにひどかったと思う。

*4:先方側の誤発送とのことでしたが、今回はそのまま差し上げますとのことでしたので有り難く頂戴致しました。自分が買った側なのになんというか本当に申し訳ない気分になると同時にこれは逃げられないぞと悟った瞬間でした。…間違っても誤発送は期待してはいけませんよ、念の為。

*5:しかも本来購入した方にはご丁寧にその件についてのお詫びが添えられておりました。

*6:というより、後書きで大体似たようなお話がされておりました。